気管支喘息


気管支喘息の治療と管理

〜薬に依存しない生活を送るために〜

 

        気管支喘息のページ
 
 近年 気管支喘息とは慢性上皮剥離性気道炎症であるということが認識されるようになり 

 これに伴って気管支喘息の治療がβ2刺激薬をはじめとする気管支拡張薬から抗炎症薬(吸入ステロイド)に変わってきたことによって

 重症喘息発作や喘息死が減少し気管支喘息の医療に革命的な進歩を遂げました。


  
TOP>気管支喘息




吸入ステロイド薬の普及

 
吸入ステロイド薬(ICS)の普及により重症喘息や

喘息死が減少していることが証明されています。

わが国でも吸入ステロイドを代替フロンで噴霧させる

HFA−BDP HFA−FP、またシクレソニドなどや

FP、フランカルボン酸モメタジンなどの

ドライパウダー製剤(DPI)が開発され

これらの薬効や局所への到達率などに進歩が伺えます。



気管支喘息という病気がその発症原因や重症度 発作の頻度

治療薬に対する反応など一人一人異なることを認識しながら

診療を進める必要があるといえます。



また気管支喘息は薬剤に極めて敏感に反応する病気であると

いうことを考慮し 薬剤の使用方法や副作用についても

習熟する必要があると考えます。



私自身 小児喘息から約40年間、気管支喘息と付き合い続け

医学の著しい進歩を身をもって体感しています。

その昔は 手軽に携帯できるステロイド吸入薬や

気管支拡張剤など即効性を持つ薬剤は私の知っている限りでは無く

発作が起こるたびに 気休めのような薬を飲み

2〜3日発作で苦しみ、寝込むような生活を続けていました。

明け方に発作が起これば救急で病院に行き

しばらくは病院から学校に通うようなこともしばしばでした。



しかし現代では少々の発作が起こっても 携帯式の吸入器を

ひと吸入するだけでスーッと発作は治まります。

おかげで日常生活に支障をきたすことなく

普通に仕事ができる生活を送っています。

そして発作が起こらない体質を作るための治療も続けています。

根本的に喘息体質を無くすことはできないかもしれませんが

喘息が起こらない体にすることは十分可能だと今は思っています。

 


比較的に発作は夜に起こります

夜になると副交感神経が緊張しやすくなり気管支が収縮し
発作が起きやすくなります。その上アレルゲンであるダニやほこりが
布団や枕に付着しているので それを吸入してしまうことにより
発作を誘発します。

明け方には気温が急激に低下することで気管が収縮しやすく
発作が起こりやすくなります。

一言で喘息発作と言ってもこれは経験したものにしか分からない
悲痛なものです。
呼吸ができない・・・これは人間にとって致命傷です。
しかしどこまで大きな病気として認識されているでしょうか。
子供のころに 特別扱いもされることなく体育の授業が
苦痛だったことを思い出します。
大きな発作が起こるまでは 全く健常な状態なのですから・・・
なので少しの呼吸困難は我慢して生活するしかなかったのです。

                         
 
気管支喘息の治療と管理

気管支喘息とは

気管支喘息の発症因子

気管支喘息の分類

気管支喘息の経過

気管支喘息の診断

気管支喘息の検査所見

ピークフローメーター
による自己管理


気管支喘息と似た疾患

気管支喘息の重症度


 治療薬と副作用

気管支喘息と肺疾患の違い

気管支喘息の管理と治療

気管支喘息の治療薬の種類

副腎皮質ホルモンの作用

長期投薬の管理プラン


特殊な気管支喘息の要因
薬剤誘発性気管支喘息

運動誘発性気管支喘息

職業誘発性気管支喘息

アルコール誘発性喘息

アスピリン喘息


 日常生活の注意点
喘息死を防ぐための
治療と生活


気管支喘息を防ぐ生活指導

妊婦の気管支喘息の管理

通年性の気管支喘息


 気管支喘息Q&A

気管支喘息は治癒するのか

刺激薬と喘息死の関係は?

薬品や食品の注意点は?

吸入副腎皮質ホルモンの
副作用は?


治療薬の胎児への影響は?


 リンク集 紹介者

見てね!プロフィール

おすすめリンク集


  姉妹サイト

どんとこい更年期障害!

スキムミルクダイエット

食品添加物がひと目で分かる
表示ラベル一覧表


 トップ相互リンク

喘息患者歴20数年で
完治した人の闘病記
Copyright (C)少し専門的な気管支喘息の治療と管理All Rights Reserved